日本都市計画学会関西支部  都市計画事例研究会 

  阪神淡路大震災後の復興街づくりでは、市民参加の重要性が改めて認識させられたところです。また、昨今のまちづくりの流れも、行政主体から市民からの発信の方向に向かっています。今年はまちづくりの根源的なテーマである市民によるまちづくりに取り組みました。

                     都市計画学会関西支部 事例研究委員会   委員長 藤田 健二

 

      時 :1998年5月26日(火)午後1時15分から5時00分

    場 :建設交流会館 8F グリーンホール

       参 加 費 :1000円

                 【プログラム】

テーマ:「市民によるまちづくり」−−関西の新しい挑戦−−

(1)  基調報告 「関西におけるまちづくりの歩み」
        平峯 悠 氏 (阪神高速道路公団理事)

(2)  事例報告――市民参加、合意形成の取り組み事例

    @ 阪神淡路大震災の復興まちづくりにおける市民参加・合意形成の現状

       報告―1 「ファインダーから観た復興まちづくりの3年」

                 青池 憲司氏 (映画監督、野田北部を記録する会)

          報告―2 女性によるまちづくりの実践

                藤原  千秋氏 (芦屋市民街づくり連絡会代表)

     A 京都におけるワークショップ方式によるまちづくり

                 石本  幸良氏 (地域計画建築研究所京都事務所)

     B 都市計画マスタ−プランの策定に関する市民参加の事例

                守口 照男氏 (岸和田市 都市計画課長)

  (3)パネルディスカッション

         コ−ディネ−タ− 鳴海邦碩  大阪大学教授  

          パネリスト       各報告者


[事例研トップへ]