1999年 事例研究会「古都に学ぶ都市づくり」
 

                                                インターネットページ文構成:池田順一

趣旨

 1200年の歴史を有する古都・京都。1997年9月には京都の新たなシンボルゲートとなる京都駅ビルがオープンし、日本の「古都」が新たな胎動を始めた。一方、京都町屋の再生など職住共存をテーマとしてパートナーシップのまちづくりの取り組みも進められている。
 歴史都市であるとともに146万市民の生活が息づく都市・京都における保全・再生・創造の都市づくりの事例を通して、これからの都市づくりの新たなパラダイムである自立と共生を目指し、個性的で持続可能な都市づくりの糸口を探る。
                       事例研究委員会委員長:藤田健二

  ◇ 日 時 :1999年6月16日(水)午後1時30分から4時30分
   ◇ 会 場  :京都市アバンティホール(JR京都駅八条口) 
  ◇ 参加者 : 160名
   ◇  参加費 :1000円                

テーマ:
古都に学ぶ都市づくり〜都市の保全・再生・創造〜
 問題提起 関西支部事例研究委員長        藤田健二
 基調報告 「歴史都市・京都における都市づくり」
       講師:三輪 泰司 氏 ((株)地域計画建築研究所 会長) 
 事例報告 
  • 21世紀・京都の京都のグランドビジョン都市構造・交通体系調査研究報告
          講師:西村  裕 氏 (京都市総合企画局製作企画室 担当課長) 
  • 京都駅改築と都市づくり
          講師:小山 選一 氏 ((財)京都市景観・まちづくりセンター専務理事)
  • 既成市街地における循環型市街地更新〜京都都心部の試み〜
          講師:寺田 敏紀 氏 ((財)京都市景観・まちづくりセンター事務局次長) 


[事例研トップに戻る]

Copyright(C)1999-2001 (社)日本都市計画学会関西支部