日本都市計画学会関西支部
幹事会

(2002年3月19日)



■開催日
    2002年3月19日(火) 於:大阪市都市工学情報センター
■出席者(敬称略、順不同)
    榊原、増田、土井、青山、堀口、浅野、福島、小浦、金井、
    鳴海、藤田、波床、坊農(事務局)
■記 録
    総務委員・田中

■ 議事内容

【1】委員会報告等
 (1)支部規定関連(事務局)
  中国支部に入りたいという兵庫県在住の一会員からの問い合わせがあり、近畿支部の範囲を確認するため支部規定内容の確認を行った。なお、中四国・北海道では支部設立に向けて準備中であるとの報告があった。
 (2)会員・会計委員会(堀口委員長)
  支部決算・予算案について説明があった。従来予算に委員会経費として飲食費が計上されていたが、使わない委員会が多く、また予算的に厳しくなっている折でもあり、これからは計上しないこととし、会場費や印刷代の不足時に充当することに決定。
 (3)企画事業委員会(増田委員長)
  今年度活動報告と次年度活動方針について説明があり了承した。
 (4)編集・広報委員会(福島委員長)
  予算・決算は例年通りとの報告があり、了承した。各委員会で若手のHP担当者を設けて欲しいとの要望があった。学会のHPに来たメールについては、編集・広報委員会で窓口になって対応することとした。
 (5)国際交流委員会(上甫木委員長)
  活動予定は例年通りであるが、日本に来ている留学生の交流会が昨年から懸案になっているので検討したいとの意見が述べられた。
 (6)関西まちづくり賞選考委員会(事務局)
  選考経過並びに入選案の説明があり、今年度関西まちづくり賞を決定した。入選通知文案、選外通知文案について検討した。
 (7)10周年記念事業実行委員会(青山委員長)
  総会議案書に記念事業の項目を設けて活動報告を記述することとした。総会では、事業報告書に基づいて委員長が報告することとした。
 (8)総務委員会(鳴海委員長)
  今年度活動報告と次年度活動方針について説明があり了承した。また、各委員会HP担当者(若手)を設ける件、支部資料の保管方法に関する件について諮られ、前者については委員会として了承、後者については検討を継続することとした。さらにHP管理方針について意見交換があり、総務委員会でとりまとめることとした。

【2】研究論文委員会(仮称)の設置(青山副支部長)
  中川幹事作成の委員会設置案に基づき、支部に当委員会を設置することを決定し、その内容について意見交換を行った。

【3】支部総会議案書の作成
 総務委員会準備による議案書原稿案の内容を確認するとともに、作成のスケジュールを決定した。土井支部長より、本年大阪市立大学で都市計画学会大会が行われることに関して、議案書に支部として支援するとの一文を入れることについて要請があり、承認された。

【4】新年度役員の骨格
 支部長より新年度役員の骨格について報告があり、了承された。

【5】その他
・支部総会当日の役割分担等
・天野・紙野先生祝賀会の進行等


[総務委員会に戻る]

Copyright(C)2002 (社)日本都市計画学会関西支部