日本都市計画学会関西支部
幹事会

(2001年11月07日)



■2001年11月7日(水) 於 大阪市都市工学情報センター
■出席者(敬称略、順不同)
  土井 鳴海 青山 浅野 金井 堀口 正木 上甫木 榊原 坊農
■記 録  総務委員・波床

■ 議事内容
【1】10周年記念事業の決算状況について
  ・会員・会計委員長より10周年記念事業の決算状況の中間報告があった。
    (a) 今回の報告は仮決算であり、最終的な決算は11月中に確定させたい。
    (b) 各部会とも予算内にほぼ収まりそうである。
  ・ 10周年記念事業委員長より、年内に残務を片づけて解散にしたいとの意向が示された。
  ・ 支部長より、10周年記念事業の記録(各部会1?2枚程度、講演会はなるべく詳しく)を作っておいてはどうかとの提案があった。了承され、次回の幹事会までに作成することとなった。これに関連し、総務委員長より、講演会の記録テープがあるので、アルバイトを使ってテープおこしをする案が示された。

【2】平成13年度第4回理事会の報告
  ・ 支部長より、第4回本部理事会の報告があった。
    (a) 学会の内規の整備など、学会の再構築の検討が進行している。
    (b) 学会論文集のCD-ROM化の検討が行われている(論文編集委員会)
    (c) 学会賞の推薦対象があれば関西からも推薦したい。(学会賞委員会)
    (d) 学会設立50周年特別委員会で準備が進行している。

【3】共催名義使用依頼の件
  ・京のアジェンダ21フォーラムから申し出のあった「まちなか交通シンポジウム」の共催名義の使用について了承した。

【4】Memorial Conference in Kobe VII への支部からの委員派遣について
  ・これまで総務委員長(鳴海)に開催案内がきていたが、交代の方向で人選を進めることとした。

【5】支部規定細則について
  ・総務委員長から、各委員会の活動内容を分かり易く説明する資料を作成しホームページで公開したいという提案があった。

【6】関西まちづくり賞について
  ・委員会構成案および以下の方針が了承された。
    (a) 2002年の関西まちづくり賞に向けて、準備進行中である。
    (b) 募集案内を支部のWebページに掲載するだけでは応募が少ないので、有力な候補となりそうな事業については、応募を直接はたらきかけ、応募数を増やすようにしたい。

【7】企画事業委員会活動方針の報告について
  ・以下の方針が了承された。
    (a) 2001〜2002年の統一テーマについて
    (b) 都市計画シンポジウムについて
    (c) 都市計画講演会について
    (d) 委員会メンバについて

【8】編集広報委員会からの報告
  ・支部だよりの1月発行を目指し準備中であるとの報告があった。

【9】事例研究委員会からの報告
  ・これからの活動のことを考えて意見交換を行うことになるとの見通しの報告があった。

【10】国際交流委員会からの報告
  ・海外交流ツアーとして、9月22?26日ベトナムツアーを開催した。4名の参加となった。報告会は29日に予定している。

【11】その他
  ・支部長より、次回幹事会から、議題整理等の項目を載せた議事進行表を作っておくといいのでは、との提案があった。了承。

  ・今回、池田氏に代わって坊農氏が事務局となった。坊農氏からは池田氏からの引継を早期に完了させたい旨の抱負が示された。

【12】次回幹事会
  ・2001年12月12日(水) 18時30分より。
  ・次会は10周年記念事業委員会との合同開催とする。


[総務委員会に戻る]

Copyright(C)2001 (社)日本都市計画学会関西支部