日本都市計画学会関西支部
幹事会議事録

(2002年9月9日)



■開催日
     2002年9月9日(月) 於 都市工学情報センター会議室
■出席者(敬称略、順不同)
    青山、鳴海、浅野、上甫木、南、藤田、金井、中川、福島、
    堀口、増田、土井、小浦
■記 録
    総務委員 波床

【総務委員会:鳴海委員長】
1. 後援名義使用の件  3件について審議し、承認した。
2. 後援した「地域創造に関する全国ネットワーク研究交流会」から行事終了報告書が届いた。
3. 大久保昌一先生の日本都市計画学会功績賞受賞・「都市論の脱構築」出版記念パーティー実行委員会より、会員住所データ提供の依頼があり、審議の結果、了承した。
4. 紙野先生告別式の報告があった。謹んでご冥福をお祈りします。
5. 研究助成の申し込みが7月末時点でなかった。総務委員会内で募集期間の延長を検討し、実施することとした。
【企画事業委員会:増田委員長】
1. 「まちづくりと京町屋の保存」パネルディスカッションの参加者約200名であった。パネルディスカッションの内容は、近々、学芸出版より出版される見通し。
2. 都市再生セミナーを財団法人日本地域開発センターと共催。日程は10月3日。
3. 支部2002年度第2回シンポジウム「都市再生とまちづくり?大阪をどう変えるか?」を11月16日、大阪市立大学にて。第37回学術研究論文発表会の本部のワークショップの時間帯を使って実施する。
【会員会計委員会:堀口委員長】
1.会員(特に学生会員)サービスプログラムを10月27日(日)に実施。大阪駅北地区を対象としたコンペを題材にする。
【研究発表会】
1. 支部研究発表会の件。スケジュールについては、支部総会との関連づけは未定。中部支部が先行しているので、様子を聞いてみるのがいいのではないかという意見があった。広報日程については、1月に支部だよりで広報、4月の総会号で募集、6月初め締め切り、7月上旬発表会というスケジュールとなった。
【まちづくり賞:藤田委員長】
1.関西まちづくり賞を例年どおりのスケジュールで募集する。
【国際交流委員会:上甫木委員長】
1.講演会を10月23日に開催予定であることが報告された。
2. 中国歴史都市の視察を7月22?29日の日程で実施したことが報告された。
【事例研究委員会】
1.11月16日に大阪市内見学会を実施予定。また、篠山の地域データ整備など、都会および田舎を対象として計2?3回実施する旨の報告があった。
【編集広報委員会:(代)鳴海総務委員長】
1.支部だよりの編集会議を9月末に実施予定であることが報告された。
2.支部HPへの掲載依頼方法案の説明があった。要約すると、依頼者、掲載内容等を明確にした上で、掲載文書を電子ファイル(テキスト、ワープロ、HTMLなど)としてまとめ、HP担当者(三谷編集広報委員)に送付する。
【その他】
1. 藤田委員より、委員等の任免を的確に行うようにすべきであるとの意見が出された。
2. 学術研究論文発表会について、190編程度の発表見込みであること、WSについては、まだ決まっていないこと、運営項目リストおよびHPについては現在作成中であること、懇親会を大学内で実施することを検討中であること、などの説明があった。
【次会開催日程など】
・ 12月13日(金曜)18時より、都市工学情報センターで開催予定。
会終了後、忘年会を予定。
[総務委員会に戻る]

Copyright(C)2002 (社)日本都市計画学会関西支部