2001/1 No.15

日本都市計画学会 関西支部だより

都市計画は変様に応えられるか
支部長 平峯 悠 日本都市計画学会副会長/大阪高速鉄道(株)代表取締役社長
特集 21世紀の都市計画を展望する
20世紀の後半は急速な都市化のあと、重厚長大型産業の衰退、情報化、グローバリゼイション、地球環境問題、地方分権の進展、持続的発展可能性の模索、少子・高齢化の進行等々めまぐるしく社会変化の波を受けてきました。都市計画のあり方もこうした都市をとりまく変化に伴い顕在化してきた都市計画課題への対応を余儀なくされてきました。そして21世紀を迎えました。新しい時代に都市計画はどのように進めるべきか、どう変化を求められるのか、新しい世紀の都市計画はどうあるべきか、どうなるのか展望していただきました。
(編集・広報委員長:福島  徹)  
21世紀都市の寸描
青山 吉隆 京都大学
「この国のかたち」としての都市計画の変革を−環境・協働・自律の都市づくり、まちづくり―
赤ア 弘平 大阪市立大学
重要な鍵をにぎる『新地方自治体系』の将来像−計画行政のベースとなる地方自治体系の再編時代―
浅野  聡 三重大学
自然環境を保全する計画とパートナーシップを
神吉 紀世子 和歌山大学
パブリックをデザインする
小浦 久子 大阪大学
自律生活圏ネット社会
小林 郁雄 まちづくり会社コー・プラン
改めて「人間の幸福とは何か」を求める都市計画へ
澤木 昌典 大阪大学
21世紀の都市計画は、融合がキーワード
杉原 五郎 樺n域計画建築研究所
21世紀の都市計画
田原 直樹 姫路工業大学・兵庫県立人と自然の博物館
都市計画の課題−計画の適切な見直し−
塚口 博司 立命館大学
「2019年法」に向かっている
土井 幸平 大阪市立大学
社会的意思決定としての都市計画に
中川  大 京都大学
都市計画の枠組みを変えなければならない
鳴海 邦碩 大阪大学
都市構築批判
平山 洋介 神戸大学
公共心と持続可能都市
藤井  聡 京都大学
環境効率の高いまちづくりの実現に向けての提案
藤田  壮 大阪大学
行政と住民は緊張関係へ
藤本 真里 姫路工業大学
21世紀初頭のまちづくりの展望
北條 蓮英 福井県立大学
ランドスケープからの展望
増田  昇 大阪府立大学
ヨコ社会への転換と都市計画
丸茂 弘幸 関西大学
生命力あふれる都市像の構築−住環境の改善・充実を通して−
三好 庸隆 PPI計画・設計研究所
モザイク模様の都市計画−「塗紙計画」からの脱却、ゲリラ戦術の展開−
リム ボン 立命館大学
支部活動報告
@ 2000年度 総会報告
A 研究助成について/企画・事業委員会から/支部10周年記念事業実行委員会から
B 国際交流委員会報告から
C 事例研究委員会より/「関西まちづくり100年の知恵に学ぶ」談義の会ご案内/編集・広報委員会より


[編集・広報委員会に戻る]

Copyright(C)2001 (社)日本都市計画学会関西支部