2019/06/11 【行事案内】

令和元年度 第1回フィールドワーク 見せます!大阪城公園の舞台裏‼‼ ~パークマネジメントの導入と賑わいについて~

大阪城公園は従来、大阪市が都市公園として維持管理しており、年間入場者数が150万人にのぼる観光地であったが「滞在時間が短い」「売店しかなく不便」「使われていない歴史的資産がある」などの課題がありました。平成27年度に公園を一体的に運営するパークマネジメント事業を導入、電通を代表すとする民間企業が20年間の運営を行うこととなり、「ミライザ大阪城」「ジョー・テラス・オオサカ」などの商業施設がオープン、年間1000万人超の集客を誇る大阪屈指の観光スポットに変貌しました。そこで関西を代表するパークマネジメント事例として、今回大阪城公園のフィールドワークを実施することとしました。

PAGE TOP