2013/02/02 【行事案内】

平成24年度フィールドワーク[2013.2.17開催]「下町遠足ツアー」【終了しました】

 阪神・淡路大震災から18年。今も兵庫区や長田区の下町では、震災前から変わらない生活が息づいている。「下町レトロに首っ丈の会」では、2005年から「下町遠足ツアー」と称した下町の魅力を紹介するツアーを月一回開催してきている。また、2011年には、これまでのツアーで協働した300名余りのうち約20名の有志が「くもの会」を結成し、地元で培ったネットワークを活かして、それぞれのメンバーが地域の魅力を共有しつつ、独自の視点からユニークなツアーを重ねている。
 企画委員会ではこれまで「まちを読む」をテーマに、地域が主体となったまちの読み方に焦点を当てたフィールドワークを開催してきた。今回は「下町レトロに首っ丈の会」および「くもの会」による地域で暮らす人々ならではの下町の読み方について、実際に「下町遠足ツアー」に参加しながら考えてみたい。

PAGE TOP