2013/08/31 【行事案内】

平成25年度フィールドワーク[2013.9.28開催]「身近な歴史的資産から地域の魅力が見えてくる」【終了しました】

「身近な歴史的資産から地域の魅力が見えてくる」

企画委員会では、平成25年度の企画事業として「都市の語り方」をテーマに、日常的な生活・生業を続けられているまちを対象としたフィールドワークを開催します。
第1回目は、「身近な歴史的資産から地域の魅力が見えてくる」と題し、法や条例で位置づけされていない身近な歴史的資産を、市民からの提案を基に発掘・リスト化し、保存・活用を図ろうとしている京都市の“京都を彩る建物や庭園”制度を取り上げます。
同制度で選定されている物件が多く存在する伏見区深草地域でまち歩きを行い、発掘された地域資源から都市の魅力を如何に読み取り、発信すべきか意見交換を行います。

PAGE TOP