2014/09/08 【行事案内】

都市計画・アーバンデザイン・建築・土木を学ぶ留学生のための くずはモール 見学会+ワークショップ

1972年4月に、当時の日本では珍しい本格的なオープンモールと複数の店舗を持つ複合型ショッピングモール「京阪くずはモール街」が開設されました。1974年には建築業協会の第15回BCS賞にも選ばれた画期的な商業施設でした。その後2005年に「KUZUHA MALL」と名を変え、新型モールとして生まれ変わり、さらに2014年春には、営業面積を5万㎡から7万2千㎡と大幅増床し、あらたに3つのモールを持つショッピングセンターとしてグランドオープンしました。地域の核として成長し続ける私鉄郊外駅のショッピングセンターを通して、日本型TODを体感することができます。
そこで、日本都市計画学会関西支部 国際・交流委員会では、「くずはモール」の紹介、留学生への見学機会の提供、留学生から見たくずはモール計画検証を目的とし、留学生を対象とした見学会とワークショップを企画しました。
都市計画・アーバンデザイン・土木・建築を日本の大学で学んでいる留学生の方々は、お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。お知り合いの留学生にも是非お声かけください。


■ 日 時 : 2014年11月16日(日)13時〜17時頃
■集合場所: 京阪電車 樟葉駅 改札口前(改札の外)
■募集対象: 関西の大学に在学する都市計画・建築・土木を学ぶ留学生(非会員)
30名(先着順)
※お申し込みは、下記アドレスまで、①お名前、②国籍、③所属、④携帯電話番号(緊急時のみ使用)をメールにてお知らせください。件名には【くずはモール】をつけてください。

■プログラム
1.くずはモール計画の基本コンセプト説明 13:00~14:00(60分)
①「くずはモール」全体説明    
株式会社京阪流通システムズ 塩月 知也氏
②枚方市における「くずはモール」の位置づけ 
都市整備部 都市計画課 主任 藤本 洋祐氏
2.館内の視察 14:00~15:30(90分)
3.ワークショップ 15:30~16:30(60分)

■ 申し込み、問い合わせ先:cmt_internat@cpij-kansai.jp
日本都市計画学会関西支部 国際・交流委員会事務局

PAGE TOP